今天有点郁闷,一个不小心落个炮灰的下场。
这也算是年轻时or说初入职场嫩头容易碰到的事,虽然我已经处处小心谨慎了,但在这件事的处理上还是有点失误。
不过换句话说,我其实并没有错。私が悪かったのはあの人を信用してただけなんです。
今その信頼さえ消えてしまいました。
別にもともと彼はどんだけ心が清らかな人間だとは思いませんでした。
わりと心の狭い・短気な人間だと少し了解していますけれど、
自分自身のことになると、結構なダメージを受けてしまいました。

そのとき南に行ってないよかった。
彼の下もしょっちゅう怒られたり、罵声を浴びせてきたり、かわいそうにと思いながら、
幸いあのエリアに行ってなかったことを喜んでいます。
彼は決して賢明な上司ではない、わりと暴君だというのも過言ではありません。

今度もしまた今日のようなことが起こってたら、身を守るために真正面に堂々で戦おう
仕事は単なる人生の一部しかありませんから、いつやめても・やめさせられても恐れなく覚悟を決めといて生きて行きましょう。
自分を守れるのは自分しかいませんから。