炉心融解 
作词:kuma 
作曲:iroha 
编曲:iroha 
呗:镜音リン 


街明(まちあ)かり 华(はな)やか 
エーテル麻酔(まさい) の 冷(つめ)たさ 
眠(ねむ)れない 午前二时(ごぜんいじ) 
全(すべ)てが 急速(きゅうそく)に変(か)わる 


オイル切(せつ)れのライター 
焼(や)けつくような胃(い)の中(なか) 
全(すべ)てがそう嘘(うそ)なら 
本当(ほんとう)に よかったのにね 


君(きみ)の首(くび)を缔(し)める梦(ゆめ)を见(み)た 
光(ひかり)の溢(あふ)れる昼下(ひるさ)がり 
君(きみ)の细(ほそ)い喉(のど)が跳(は)ねるのを 
泣(な)き出(で)しそうな眼(め)で见(み)ていた 



核融合炉(かくゆうごうろ)にさ 
飞(と)び込(こ)んでみたい と思(おも)う 
真(ま)っ青(さお)な 光(ひかり) 包(つつ)まれて绮丽(きれい) 
核融合炉(かくゆうごうろ)にさ 
飞(と)び込(こ)んでみたら そしたら 
すべてが许(ゆる)されるような気(け)がして 



ベランダの向(む)こう侧(かわ) 
阶段(かいだん)を升(のぼ)ってゆく音(おと) 
阴(かげ)り出(だ)した空(そら)が 
窓(まど)ガラスに 部屋(へや)に落(お)ちる 
拡散(かくさん)する夕暮(ゆうく)れ 
泣(な)き肿(は)らしたような阳(ひ)の赤(あか) 
融(ゆう)けるように少(すこ)しずつ 
少(すこ)しずつ死(し)んでゆく世界(せかい) 

君(きみ)の首(くび)を绞(し)める梦(ゆめ)を见(み)た 
春风(はるかぜ)に揺(ゆ)れるカーテン 乾(かわ)いて 
切(き)れた唇(くちびる)から 
零(ごご)れる言叶(ことば)は泡(あわ)のよう 



核融合炉(かくゆうごうろ)にさ 
飞(と)び込(こ)んでみたい と思(おも)う 
真(ま)っ白(じろ)に 记忆(きおく) 融(ゆう)かされて消(き)える 
核融合炉(かくゆうごうろ)にさ 
飞(と)び込(こ)んでみたら また昔(むかし)みたいに 
眠(ねむ)れるような そんな気(け)がして 



时计(とけい)の秒针(びょうしん)や 
テレビの司会者(しかいしゃ)や 
そこにいるけど 见(み)えない谁(だれ)かの 
笑(わら)い声(ごえ) 饱和(ほうわ)して反响(はんんきょう)する 
アレグロ·アジテート 
耳鸣(みみな)りが消(き)えない 止(や)まない 
アレグロ·アジテート 
耳鸣(みみな)りが消(き)えない 止(や)まない 



谁(だれ)もみんな消(き)えてく梦(ゆめ)を见(み)た 
真夜中(まよなか)の 部屋(へや)の広(ひろ)さと静寂(せいじゃく)が 

胸(むね)につっかえて 
上手(じょうず)に 息(いき)ができなくなる 



核融合炉(かくゆうごうろ)にさ 
飞(と)び込(こ)んでみたら そしたら 
きっと眠(ねむ)るように 消(き)えていけるんだ 
仆(ぼく)のいない朝(あさ)は 
今(いま)よりずっと 素晴(すば)らしくて 
全(すべ)ての歯车(はくるま)が噛(か)み合(ごう)った 
きっと そんな世界(せかい)だ


街道光明 鲜华 
乙太麻醉 的 冰冷 
无法入眠 半夜两点 
一切 急速改变 



没油的打火机 
被灼烧般的胃中 
如果一切是谎言的话 
就真的 太好了 



做了勒住你的脖子的梦 
充满光明的下午 
用将哭泣的眼睛看著 
你纤细的喉咙跳动 



往核融合炉 
想要 跳入它 
被蓝 光 包围真美 
那核融合炉 
如果跳入它 那 就 
感觉似乎一切就能被原谅 




阳台反侧 
爬上阶梯的声音 
转阴的天空 
向窗户 房间落下 



傍晚逐渐扩散 
太阳哭肿般的赤色 
如同融化般逐渐 
逐渐死去的世界 



做了勒住你的脖子的梦 
随春风摆动的窗帘 
从乾燥裂开的嘴唇 
掉出的话语如同泡沫 



那核融合炉 
想要 跳入它 
记忆 纯白的 融化消失 
那核融合炉 
如果跳入它 那 就 
似乎能 沉睡 



时钟秒针 
电视主播 
在那里可是 不可视的某人 
笑声 饱和反响 



allegro?agitate 
耳鸣不消失 不停止 
allegro?agitate 
耳鸣不消失 不停止 




做了大家消失的梦 
半夜 房间的宽广静寂 
卡在胸中 
无法 好好呼吸 



(Shout!!) 



那核融合炉 
如果跳入它 那 就 
一定能像沉睡般 消失 
没有我的早晨 
比现在更加 美好 
所有的齿轮正确对上 
一定 就是那种世界