霜月

霜月 あだし 野の露消ゆる時なく 鳥部山の煙立ちきらでのみ 住み果つる習ひならば いかに 物の哀れもなからん 世は定めなきこそ いみじけれ